• 〒944-0058 新潟県妙高市西菅沼新田423-1
    TEL&FAX:0255-72-1968
  • Facebook

×

CATEGORY

電話・FAXでもご注文可能です

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ほぼ農業日記»  農業日記2018/01~2018/02

農業日記2018/01~2018/02

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

ひだなん通常総会

道の駅あらいにある直売所「四季彩館ひだなん」

ひだなん

明後日から3月ですが、まだ雪が多く残っていますね。

本日はそのひだなんの通常総会でございます(^-^)

ひだなん総会

会場はひだなんのすぐ隣のくびき野情報館。

情報館

矢代丸山ファームのお米(2合・3号)と杵つき餅も並んでる施設でございます(^ω^)

情報館売り場
 

▼めったに着ないスーツを着て会場に向かう当ファーム代表の図。
ひだなん

少し重たい足取り……。

それもそのはず(゜゜)

今年は開会のあいさつ&司会進行の役を仰せつかっているのです(゜゜)

(ちなみに昨年までは閉会のあいさつ担当だった。)

そのような機会はあまりなく、慣れていませんから(;・∀・)

そりゃ緊張しますよね( ̄▽ ̄;)

2018-02-27 16:49:18

コメント(0)

折りたたむ

かんずり味のポテチ

期間限定品のカルビーポテトチップス「かんずり味」買ってみました(゜∀゜)

かんずり味

妙高市が世界に誇る「かんずり」

かんずり

念のため‥「かんずり」とは、新潟県妙高市(旧新井市)でつくられる香辛料。塩漬けのトウガラシを雪の上にさらしてあくを抜き、ゆずや麹(こうじ)などと混ぜて発酵させたもの。

レルヒさん

パッケージには新潟県のゆるキャラ、レルヒさんがいらっしゃいます。

レルヒさん

裏にもレルヒさん(^^)

▼中身はこんな感じ。
かんずり味

 かんずり味のポテチってどんなだろう、と思ってワクワクしながら食べてみました。

―感想―

・だいだい色の見た目が食欲そそります。

・香りは‥どうだったか‥(ゆっくり味見する間もなく、すぐ無くなってしまったので(;^_^A)

・ちゃんと「かんずり」の味がしました(当たり前ですね)

・ゆずの味がほんの~り。

・辛いけれどそんなに辛くない、ほどよい辛さ。

・そして辛いだけじゃない!発酵食品特有の旨味もある!

てな感じで結果、とてもおいしかったです(^^)


たしか20~30回味を見直してたどり着いた味だそうで。

あの深みのあるかんずりの味をポテチで再現するなんてー。

さすがカルビーさんですね( ̄▽ ̄)
 

2018-02-26 17:12:38

コメント(0)

折りたたむ

吸い込まれそうな感覚

今朝は天気雨ならぬ天気雪となりました(・∀・)

ちらり‥ちらり‥と静かにゆっくりと舞い降りてくる雪。

雪

水色と白色の混ざり合った空をバックに雪がキラキラと光り輝きながら舞い降りてくる様子はとってもきれいで、見入ってしまいました。

幻想的だ~。

雪が降ってくる様子をしばし眺めていると―。

雪

吸い込まれる(゜ロ゜)!!

そんな感覚になることがあります。


雪が動いてるのではなく、自分の方が空に向かって移動しているような錯覚が起こるんですね(^_^;)


雪に限らず、歩いたり走ったりしているとき、車や電車に乗っているとき等の移動しているときもそうなのですが、

「もしかして移動しているのは自分の方ではなく、周りの景色の方なんじゃないか!?」

なんて思って気持ち悪くなることあります(・・;)

2018-02-22 20:27:49

コメント(0)

折りたたむ

にいがた妙高はね馬国体

今年の冬の国体は妙高市で開催されます(・∀・)


第73回国民体育大会冬季スキー競技会

「にいがた妙高はねうま国体」

会期2月25日(日)~2月28日(水)


そのポスターがこちら。

はね馬国体

~銀世界 跳ねて 駆けて かがやいて~

ポスターの端っこに新潟県のゆるキャラ「レルヒさん」もいますね(^^;)

レルヒさん


そして、この冬の国体の景品なのですが……。

景品の一部に矢代丸山ファームの杵つき餅が組み込まれています~(´ω`)

白餅

草餅

白餅と草餅が副賞の景品に入るようです(^^)

自分も少ーーーーーーしですが国体に関われてうれしい気持ちです(*^^)

2018-02-21 16:54:17

コメント(0)

折りたたむ

ロッテアライリゾート、ナイター編

昨日、午後4:30頃。

夫 「ちょっと滑りに行ってくる。」

私 「…えっ!?、あっ、ああ……そう。(急だな)」


夫が急に思い立ったようで、一人でロッテアライリゾートのナイターへと出かけて行きました。

行く!と決めたらその支度が素早いこと。

こういう時は行動が早いのですね(;・∀・)


後でナイター時のスキー場の様子を、スマホの画像で見せてもらいました。

▼PM5:00過ぎ。
ロッテアライリゾート、ナイター

まだそこそこ明るいですね。

妙高市の町や、向こうの山まで見えます(・∀・)


▼PM6:00過ぎ。
ロッテアライリゾート、ナイター

おお~。

夜景だ~。

いいですね~。

昼間とはまた違った魅力がありますね~。

いいなあ(´ω`*)

2018-02-20 09:36:28

コメント(0)

折りたたむ

ロッテアライリゾート

昨年12月にオープンしたロッテアライリゾートをちょっと見に行ってきました(・∀・)

矢代丸山ファームから車で5分くらいかな。

ちなみに道中信号無しで行けます。

ロッテアライリゾート

気持ちいい~♪

山がキレイ~♪

滑りたくなります~。(たいして滑れませんけど)


▼ヴィレッジステーション
ロッテアライリゾート

ゴンドラ乗り場とかある場所ですね。


▼チュービングエリア
ロッテアライリゾート

雪の巨大滑り台。


▼ホテル(正面)
ロッテアライリゾート

クリームイエローの壁が素敵(^^)


▼ホテル(プラザ内から見た様子)
ロッテアライリゾート
ロッテアライリゾート

飲食店なども入ったホテルが並んでいます。


駐車場は県外ナンバーの車が多く並んでいました。

外国からのお客様もよく見かけましたよ(^^)


あ、そうそう。

ロッテアライリゾート内の地元特産品ショップでは、当ファームの商品をお買い求めいただけます(^^)

ロッテアライリゾート

新潟県妙高市矢代産コシヒカリの2合(300g)と1㎏。

ロッテアライリゾート

杵つきこがね餅3種。(白もち・草もち・黒豆もち)


ロッテアライリゾートにお越しの際は、ぜひ特産品ショップの方ものぞいて見てくださいね(^^)

2018-02-16 14:13:38

コメント(0)

折りたたむ

新之助を栽培してみた感想②

新之助を栽培してみた感想①(11/16投稿)からの続き。

新之助稲刈り

シャキーッ!としている新之助の稲姿。

大きくしなってふにゃぁ~となるコシヒカリとは、見た目からして全然異なりました。


実際に田んぼの中に入り、稲を刈ってみると―


硬いっっ!!!

感触もコシヒカリとは全然違いましたよ。

新之助

カマで刈ってみたんですけど、想像以上に硬い!!

横にしてみてもこんな感じ↓

新之助

茎と葉がしならないだなんて(;・∀・)

硬いことが画像からも伝わるかと思います。


こんな硬いんじゃカマでなんてどんだけも刈れません。

新之助稲刈り10/17
 
コンバインで刈っているときの音もスゴかったです。

バリバリバリバリー!っと通常より大きな音を立ててましたねー。

余計に負荷かかったんじゃないかな。

コシヒカリと新之助比較

背が高くて柔らかいコシヒカリ

背が低くて硬い新之助


倒れない新之助の方が刈りやすいかな、と思ったのですが、硬いですからね(^^;)

力んじゃうんですよ。

コンバインからの音も大きいですし。

コシヒカリは軽~く刈れる感じしますが、倒れると厄介で(;・∀・)

刈りやすさについては、どっちもどっちといったところです(^^)

2018-02-15 14:09:27

コメント(0)

折りたたむ

磯辺餅

矢代丸山ファームの杵つきこがねもち。

白餅です(・ω・)

白餅

この白餅を

白餅

焼きまして

白餅

しょうゆをつけて

白餅

海苔をまくと

磯辺餅

簡単!おいしい!磯部餅のできあがり~(´▽`*)


そして拡大。

磯辺餅

丸山家の磯部餅は砂糖なし。

超シンプルです(^^)

2018-02-14 20:08:17

コメント(0)

折りたたむ

かんじき

ドカ雪国での暮らしには欠かせない道具の一つ。

どん!

かんじき

【かんじき】でございます(^o^)

雪の上を歩く道具ですね。

ウチでは、プラスチック製のを使っております。


ふつう【かんじき】といえば、木と縄からできたものが思い浮かびますよね。

その昔ながらのタイプのかんじき、ちょっと前までウチにもあったんですけど、捨てたかなんかでどっか行っちゃいました。


かんじき

プラスチック製のかんじきは、ゴムバンドで長靴に固定します。


普通では歩けないほど積もった雪の上でも―

足にかんじきを装着するだけで―

なんということでしょう。

かんじき

歩けてしまいます。


数メートル積もった雪の上でも、

かんじき

歩けます。


ただ、すぐ疲れます(^^;)

かんじき履いていてもある程度は埋まりますし。

股を広げながらの歩行になりますし。

やはり踏み固められた地面を歩くのとは全然違いますね(^_^;)

2018-02-08 16:44:55

コメント(0)

折りたたむ

銀葉草(ギンバソウ)という海藻

先日、スーパーにて。

おっ、銀葉草(ギンバソウ)じゃないか(゜∀゜)

銀葉草

ギンバソウが水揚げされる時季になったのですね♪

(ラベルには“ナガモ”とも記されていますね…。)

久々に見かけたのでちょっと興奮しました。

そして迷わず購入(`・ω・´)


これ、大好物なのですよ(´ω`*)

数年前、初めてギンバソウを買って食べてその美味しさにどハマり!

それ以来、毎年食べるようになりました。


丸山家ではいつもどうやって食べているかというと……。

どどん。

銀葉草の粕汁

ギンバソウの粕汁でございます( ̄▽ ̄)

今回のは酒粕少なめで作ったので粕汁っぽく見えないかな。

ギンバソウに火を通すと鮮やかな緑色に変化し、ぬめりが出で汁にとろみがつきます。


久しぶりに食べたギンバソウの粕汁のお味はというと。

……。

……。

う、海だ(゜゜)!

の、濃厚だ(゜゜)!


こんなに磯のかおり・味わい強かったっけ。

海感半端ないっすね。


あと何といっても食感がたまらないのですよ。

形状が葉物と一緒だから茎の部分と葉の部分で食感が異なっていて。

茎の部分が肉厚で。

ワカメより断然歯ごたえあって。

なんというか。

……そこのところ、うまく言葉で表現できないのがもどかしい(;´д`)


寒い冬、ギンバソウ(ナガモ)の粕汁を飲むと温まります♪

おススメですよ(^^) 

2018-02-07 21:53:11

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2