• 〒944-0058 新潟県妙高市西菅沼新田423-1
    TEL&FAX:0255-72-1968
  • Facebook

×

CATEGORY

電話・FAXでもご注文可能です

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  ほぼ農業日記»  農業日記2017/11»  杵つき餅3種それぞれの特徴

杵つき餅3種それぞれの特徴

杵つき餅3種それぞれの特徴

矢代丸山ファームのこがねもち米100%使用の杵つき餅、3種(白もち・草もち・黒豆もち)が出揃っています(・∀・)

白餅

【白餅】

白餅は、素材(矢代産こがねもち米)のおいしさをシンプルに味わえます(・∀・)


・醤油とのりで磯部もちに。

・きな粉&砂糖をまぶして。

・なべ物に。

・うどんやラーメンなどの麺類とともに。

・お正月のお雑煮に。


他にもピザモチにしてみたり、お好み焼きに入れてみたりと様々楽しめます(^^♪



草餅

【草餅】

草餅は、まず見た目のよもぎ色のグリーンが印象的°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

よもぎ独特の渋みのある爽やかな香りと味が楽しめます。


白餅と同様、色々と使えますよ。

特に甘い味付けのきな粉やあんこと相性がピッタリ♪

妙高市の某あんこ屋さんのあんこと一緒に食べたら、もう、もう、悶絶もんです(゜゜)


あと私の場合ですが、お汁粉には白餅より草餅を入れる派なんです。

お汁粉に白餅ですと甘ったるくなりがちなのですが、草餅は渋みがあるので最後まで飽きずに食べられるのです。

甘味と渋みって合いますよね~(*´ω`)



豆餅

【黒豆餅】

黒豆餅は、黒豆がごろごろ入ったお餅。

食塩が入っているので、そのまま焼いて味付けなしでもいけます。(薄味ですが)

軽く焦げ目がつくぐらいに焼いて食べるのが美味しいかな、と思います。

熱であぶられた黒豆が香ばしく、歯ごたえも心地良いです(^^♪


以前、こがねもち米を栽培していなかった頃は、スーパーでお餅を買っていました。

そしてモチを食べるのは正月ぐらい。

それが杵つき餅を作る(委託ですが)ようになってからは、年中食べるようになりました。(いつも家にありますしね。)

保存がきくし、軽い食事にも使えるし、調理が手軽で簡単!

便利な食材だなーと思うようになりました(^^)
 

2017-11-27 14:58:57

農業日記2017/11   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント